印刷を行う時は、[ツール]->[インターネットオプション]->[詳細設定]->(印刷)[背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

  

   
 
本州でも関東地方以西で使用される事が多い。
主に常緑性種の利用が殆どであるが宿根タイプであれば北海道南部(札幌圏)でも植栽実績もあり健全生育が確認されている。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 アガバンサス
学  名 Agapanthus
科  名 ユリ
規  格 10.5p  
生産流通 豊富
生態 分  類 草本常緑
草丈・樹高 0.4〜0.8
適応性 日  照
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔紫〕 〔青〕
花  期 〔夏季〕
-
-


   
 
宿根アガバンサス。
耐寒性が強く北限植栽実績では北海道旭川市でも越冬しており強健な性質である。葉も従来種と比較して細く短く、草丈も低いため使途も幅広い。また花色が濃く存在感もある。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 アガバンサス‘リリプット’(宿根タイプ)
学  名 Agapanthus ‘Lilliput’
科  名 ユリ
規  格 9.0p 
生産流通 安定
生態 分  類 草本宿根
草丈・樹高 0.2〜0.4
適応性 日  照
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔紫〕 〔青〕
花  期 〔夏季〕
-
-


   
 
ランナー(匍匐枝)で被覆する多年草。
春先に花穂が立ち上がり美しい。園芸品種としては小葉ブロンズカラーの‘Chocolate Chip’や斑入種の‘Burgundy Glow’、桃花で‘Rosea’等があるがいづれも生産量は少ない。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 アジュガ
学  名 Ajuga reptans
科  名 シソ
規  格 9.0p 
生産流通 豊富
生態 分  類 草本常緑
草丈・樹高 0.1〜0.2
適応性 日  照 陽〜半日陰
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔紫〕
花  期 〔春季〕
〔銅葉〕
-


   
 
アジュガ・レプタンス(基本種)の桃花園芸品種。
基本種と比較すると生産流通量は少ない。性質は基本種と同じで強健。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 アジュガ・レプタンス‘ロゼア’
学  名 Ajuga reptans‘Rosea’
科  名 シソ
規  格 9.0p 
生産流通 やや少ない
生態 分  類 草本常緑
草丈・樹高 0.1〜0.2
適応性 日  照 陽〜半日陰
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔桃〕
花  期 〔春季〕
〔銅葉〕
-


   
 
ボーダーや池畔の修景にもしばしば使われる。本州でもよく育つが、観賞価値に優れる地域としては国内では北海道が群を抜いて美しい。冷涼地では花色もより美しくなる。基本色は白・赤・桃の三色だが色別、高さ別の調達となると容易とはいえないため要注意。あまり知られていないが半日陰でも良く開花するため樹陰下でも使いたい。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 アスチルベ
学  名 Astilbe
科  名 ユキノシタ
規  格 10.5p 
生産流通 安定
生態 分  類 草本宿根
草丈・樹高 0.5〜0.8
適応性 日  照 陽〜半日陰
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔白〕 〔赤〕 〔桃〕
花  期 〔夏季〕
-
-


   
 
8月下旬から咲き始めて10月頃まで咲き続ける開花期の長いアベリア。(萼が淡桃色であるため花が咲き終わった後でも花が咲いているように見えるため)植栽可能域としては東北南部以西が無難である。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 アベリア・シネンシス
学  名 Abelia chinensis
科  名 スイカズラ
規  格 15.0p 
生産流通 少ない
生態 分  類 木本落葉
草丈・樹高 0.5〜0.8
適応性 日  照
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔桃〕
花  期 〔夏季〕 〔秋季〕
-
-


   
 
春先は黄葉に緑斑が入るが後、全葉が黄金色となる。
日照条件が良いと黄金葉は鮮やかさを増す。半日陰でも植栽は可能だが葉色はライムグリーンの印象。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 アベリア‘フランシスメイソン’
学  名 Abelia ‘Francis Mason’
科  名 スイカズラ
規  格 12.0p H=0.2 
生産流通 やや少ない
生態 分  類 木本半常緑
草丈・樹高 0.5〜0.8
適応性 日  照 陽〜半日陰
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔白〕
花  期 〔夏季〕
〔紅葉〕 〔黄葉〕
-


   
 
写真はシベリアアヤメ。札幌市 6月下旬撮影
ハナショウブ、カキツバタと比較すると乾燥地を好む性質があり、そう言った点ではイチハツと似ている。また開花期も早く関東地区参考で5月下旬、北海道札幌市では6月下旬〜7月上、中旬頃に開花を迎える。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 アヤメ
学  名 Iris sanguinea
科  名 アヤメ
規  格 10.5p 
生産流通 安定
生態 分  類 草本宿根
草丈・樹高 0.5〜1
適応性 日  照
植栽環境 〔乾燥地〕 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔白〕 〔紫〕 〔青〕
花  期 〔春季〕 〔夏季〕
-
-


   
 
中国からの帰化植物である。性質的に乾燥に強く、その性質を利用して夏場の高温乾燥による家屋火災を防ぐのに葉の萎れを目安をするため古くから屋根上の棟固めに植えられた。アヤメ科の仲間では草丈も低く、葉幅がやや広い。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 イチハツ
学  名 Iris tectorum
科  名 アヤメ
規  格 10.5p 
生産流通 やや少ない
生態 分  類 草本宿根
草丈・樹高 0.4〜0.6
適応性 日  照
植栽環境 〔乾燥地〕 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔白〕 〔紫〕
花  期 〔春季〕 〔夏季〕
-
-


   
 
東京晴海トリトンスクェアの夏季。日当たりが良いと黄金葉がより鮮やかさを増す好例。草丈が低く、園路沿いの縁取りが美しい。奥の桃花は紅花シャリンバイ。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 イヌツゲ‘ゴールデンジェム’
学  名 Ilex crenata ‘Golden Gem’
科  名 モチノキ
規  格 10.5p W=0.15 
生産流通 やや少ない
生態 分  類 木本常緑
草丈・樹高 0.3〜0.5
適応性 日  照
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 -
花  期 -
〔黄葉〕
-


   
 
春から秋にかけて咲くキク科の小型宿根草。
花が桃〜白に咲き分ける様から流通名で‘源平小菊(ゲンペイコギク)’と言われる。長期にわたり咲き続けるため、基本アイテムとして使用したい。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 エリゲロン・カルヴィンスキアヌス
学  名 Erigeron karvinskianus
科  名 キク
規  格 9.0p 
生産流通 やや少ない
生態 分  類 草本宿根
草丈・樹高 0.2〜0.3
適応性 日  照 陽〜半日陰
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔白〕 〔桃〕 〔他〕
花  期 〔春季〕 〔夏季〕 〔秋季〕
-
-


   
 
フウチソウ黄金葉。新緑の頃、鮮やかな黄金色に葉が変色し美しい。直射日光では真夏に葉が傷むため、木漏れ日の園道沿や中庭など半日陰となる場所に植栽するのが望ましい。
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 オウゴンフウチソウ
学  名 Hakonechloa macra ‘All Gold’
科  名 イネ
規  格 10.5p 
生産流通 少ない
生態 分  類 草本宿根
草丈・樹高 0.3〜0.5
適応性 日  照 半日陰
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 -
花  期 -
〔黄葉〕
-


   
 
植栽のみならず鉢花としても人気がある山野草。
写真のように青紫花が基本色だが白花品種もある。(白花は生産流通量が少ない)
春季(3〜5月頃) 夏季(6〜8月頃) 秋季(9〜11月頃)
  冬季(12〜1月頃)首都圏参考。
  ‘〜月頃’とはその期間咲き続けると言う表示ではございません。
  おおよそ、その期間内に咲くであろうとの意です。
小売販売並びに通信販売は行っておりません。
掲載写真の無断転載、借用は固くお断りいたします。  
植 物 名 オダマキ
学  名 Aquilegia flabellata var.pumila
科  名 キンポウゲ
規  格 9.0p 
生産流通 やや少ない
生態 分  類 草本宿根
草丈・樹高 0.2〜0.3
適応性 日  照 陽〜半日陰
植栽環境 〔適潤地〕
植栽可能域 東北〜中・四国/九州
観賞性 花  色 〔紫〕 〔青〕
花  期 〔春季〕 〔夏季〕
-
-