Company Philosophy

花と緑―太古の昔より幾多の場面で私たちの生活や文化に深くかかわってきたことでしょう。一輪の花が人を勇気づけ、安らぎをあたえ、時には出会いや惜別の言葉となり、語りなき隣人としていくつもの物語を演出してきました。

中村農園は江戸安政年間 初代友治郎より五世代にわたり福寿草の収集、保存、育種を継承してまいり ました園芸農家でございます。お陰様で日本国内のみならず海外においても高い評価を頂き、昭和48年にはドイツ国際園芸博覧会(フロリアード)にて金賞の栄を賜りました。

近年昭和年代には四代目隆之がマグのリアの育種も手掛け、国内初となる黄花木蓮‘金寿’‘小判鳥’をはじめとする数多くの花木も作出しております。交配・選抜を重ね10年、20年先のまだ見ぬ花を、お客様の喜びの笑顔を夢見て生業としてまいりました。

代表取締役社長 中村健次
代表取締役社長 中村健次

現在では培ってきた技術を生かし宿根草類、グラウンドカバープランツ、低木類を中心として北海道から九州にいたるお客様方に幅広くご用命いただいております。

人と植物が織り成し、夢と時間がかもし出すロマン・・・それが農園芸なのかもしれません。花と緑の生産販売を通じて、感動ある物語を様々な人に、場面に御提案・ご提供していきたいと強く考えております。
不器用でも夢があり信頼される農人衆団でありたい。・・・これが中村農園の願いです。

社是
至誠一貫
社訓
  • 勤労であること...繁栄は社会への貢献してこそ得ることができる
  • 勤勉であること...仕事は創意工夫をすることで発展することが出来る
  • 公徳であること...行動は道徳をわきまえることにより法令を順守することが出来る
  • 共存共栄 ...お互いに協力・挑戦することにより社会と共に成長することが出来る
企業理念
我々は農園芸を通じ、自身と仕事に誇りを持ち企業人として誠実に生きる
株式会社 中村農園